総務省は、NTTドコモが行っていたインターネットの光回線サービスの料金プランの表示が、本来必要なスマートフォンの契約が書かれておらず消費者に誤解を与えたとして、再発防止策を求める行政指導をしました。