加齢黄斑変性の発症と進行は、食生活に影響を受けるようだ、というニュージーランド・オークランド大学からの研究報告。