英国在住の南アジア人集団のビタミンD摂取量が低い問題には早急な対応が必要かもしれない、という英国サリー大学からの研究報告。