大リーグ、マリナーズとマイナー契約を結び、右肩のけがからの復帰を目指している岩隈久志投手が7日、バッターを相手に投げ、復帰へ向け練習のレベルを上げました。
サッカー日本代表の西野朗監督が、スイスとの強化試合を翌日に控えて記者会見し「コロンビア戦に向けた準備のための試合だ」と述べ、ワールドカップロシア大会の初戦の相手、コロンビアを意識して戦術などを試す考えを示しました。
フィギュアスケートの4回転ジャンプのルールが次のシーズンから変更されることになり、フリーの演技で繰り返し跳べるジャンプは1種類に限られることになりました。プログラムに多様性を持たせるほか、多くの種類のジャンプを跳べる選手を高く評価する狙いがあります。
プロ野球の交流戦は6試合が行われ、ヤクルトが延長10回、4対3でソフトバンクにサヨナラ勝ちし、3年ぶりに7連勝としました。
テニスの四大大会、全仏オープンの車いすの部で、男子シングルスの国枝慎吾選手と女子シングルスの上地結衣選手がそれぞれ初戦を突破して準決勝に進出しました。
2020年東京オリンピック・パラリンピックの大会ボランティアの参加条件が厳しいという声が上がっていたことを受けて、大会組織委員会は活動は「10日間以上、連続でなくてもよい」としていた募集要項の案の表現がわかりにくかったとして、「連続での活動は5日以内が基本」と見直すことなどを盛り込んだ最終案をまとめました。
バレーボール男子の日本代表が8日から大阪で行われる国際大会を前に会見し、中垣内祐一監督は「まだまだ上に強いチームが何チームもいるので1つ1つ追い抜いていかないといけない」と抱負を話しました。